3月14日木曜日(14日目)

先日、企画により、ギャルに需要があると分かった。

「もうアイコンをギャル配信の時の画像にしようっと。 ( ´_ゝ`)グレ 」

【電波がある限り、歌いまーす _(:3」∠)_ 】(回線落ちも諦め。)

【雑談しようの会。】(ゆる。)

実験結果:視聴者数1135人、(合計視聴数3010人、ファン合計124人(12人増)。

この日は夜中3時くらいの深夜配信で、ある学生のぶっちゃけトークから、未成年組の甘酸っぱい恋バナと成人組の廃れた恋バナや大人の恋愛話まで、様々な話を聞いた。

深夜のボーイズトーーーーク!普通に面白かった。笑

みんなぶっちゃけすぎて、タジタジの小松菜であった。 ( ゚∀゚)

3月15日金曜日(15日目)

【どうせみんなギャル好きなんでしょ?】

このテーマ……、やさぐれている。 (笑)

またも金髪ウィッグをかぶってライブ配信。

本来の自分の姿ではないとしても、やっぱりライブ配信は苦手だ。

師匠の塚ちゃんには、「世界一テンション低いギャル。」との異名をもらった。( ^ω^)

「そんなことないわーい!通常運転じゃー!」と思って、動画を見返してみると、

「ほんまや… …。( ゚∀゚) 」と自分でもびっくり。まじ卍。

実験結果:視聴者数312人、(全合計視聴数3322人、ファン合計126人(2人増)。

3月18日月曜日(16日目)

人は忘れる生き物だ。そうでないと、生きるのがつらくなる。

人間の脳とは、非常に都合よくできている。

しかし、 この日、ふとトラウマを思い出してしまった。

そのトラウマは、昔ストーカーにあったこと。

顔はぼんやりと覚えているが、名前は全く思い出せない。

でもそいつが生きている限り、ネットで顔出しをすることはないだろう。

そいつが生きていなくても、違う理由で顔出しをするつもりはないが。

気持ちの整理がつかなかったので、仮にそいつがミクチャで私の配信を見ている確率を求めてみることにした。

日本の人口1億2633万人に対し、1回あたりの小松菜のライブ配信の視聴者数を300人と仮定すると……まあ、大体10㎏の米袋からひとつの米を探し当てるほどの確立だ。

「まあ、大丈夫だろう(;^ω^)」

「いや、待て。日本の高齢化率は27.7%ほどであるからして、差し引くと、確率はもう少し高くなるのでは……?」

そんなこんなで、やる気が出ない今日の小松菜は、

【ゆる配信。ファン、フォロー求む!】

という、超やる気のないもの。

作業しつつ、「とりあえずライブ配信でいいか。 ( ´_ゝ`) 」と。

もう何が正解なのかわからない。

ラジオ配信で長時間、話したり、歌ったりして頑張るよりも、ライブ配信を半分の時間やっていたほうが視聴率は伸びるし、とりあえずライブ配信してればいいのか。

迷宮入りした小松菜であった。

しかし、結果的にせっかく来てくれたリスナーさん達に失礼だなと感じたし、たぶんこれではいけないのだろう。

「また明日からがんばろう。」

実験結果:視聴者数195人、(合計視聴数3517人、ファン合計137人(11人増)。